FC2ブログ

おひさまのかたち

日々つれづれ。剣道・読み語りなど

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

今頃7月の読書録。

無事に合宿も行って来ましたよ。
自分の所でだったら剣道は出来る程度に復活してきました。
私の場合、これは身内過ぎて大丈夫、とか言い難い気もしまするがね。
子どもたちは可愛いんだ、まあただの親ばかですよ。

7月の読書
読んだ本の数:4

悠々荘『悠々荘』
国木田独歩の息子の旧宅を題材にしたものだということで読んでみた。実際の場所を知っている人ならいろいろ思いを馳せて面白かったかもしれない。
というか、そこまで思いを馳せるほど芥川は独歩さん好きだったんだなあ、と思わせられる。
読了日:07月04日 著者:芥川 龍之介

国木田独歩 (Century Books―人と作品)『国木田独歩』 (Century Books―人と作品)
人物史と作品解説について書かれた本。人物史の丁寧さと愛情の深さが感じられる所が良い。作品解説については執筆順、初掲載誌など詳しく、あらすじの掲載も適切で好感。
読了日:07月07日 著者:本多 浩

はつ恋 (1952年) (新潮文庫〈第478〉)『はつ恋』 (1952年) (新潮文庫〈第478〉)
独歩さんがお勧めしていたので読んでみた。びっくりするほど国木田独歩だった。(勿論こっちの方が先なんだけど。)冒頭のストーブを囲んでの始まりの所は『牛肉と馬鈴薯』のよう、人生観を語る所が恋愛観を語る所になり、叙情的な、悲哀の部分はそのままだった。(あとがきにあるツルゲーネフのみにある哲学的な叙情、はよく分からなかったが。)
途中、主人公のどっちつかずな中途半端さにイラっとしたが、まあ16歳という歳では仕方ないかとも思われ。
これなら他の作品、後期の『煙』も是非読んでみたい。

読了日:07月20日 著者:ツルゲーネフ

心に太陽を持て (新潮文庫)『心に太陽を持て』 (新潮文庫)
吉野源三郎と同じにおいがする、と思ったら盟友だった。世界各国の有名無名の偉人・高徳の人々を紹介している。こういう世界の幅の広さを日本の児童文学は持っていた筈なのだが、現代の自国ばっかりよいしょする風潮はいったいどうしたことだろう。
本書は、有三の「君たちはいつかきっとこういう人たちになれる」という信念が見える。子どもだって、こんなに信頼されたら返さない訳には行くまい、と思える優しさだ。
「パナマ運河物語」「スコットの南極探検」「製本屋の小僧さん」が特に面白かった。
読了日:07月27日 著者:山本有三

他に映画で
15時17分、パリ行き
クリント・イーストウッド監督作品。アクションのコーナーにあったし、もっとどろどろしたものを思っていたのだが、観た後の感想はさわやかで誇らしかった。主役3人の友情がずっと続く所がいい。

ブリッジオブスパイ
以前、友人の漫画家・蔵西さん(『月と金のシャングリラ』連載中)にお勧めされたもの。口先3寸で国家を相手にする保険屋サンの話。ちょっと違うけど、ずっと映画『ホテルルワンダ』が頭にあった。あのお父さんもホテルマンとして口先三寸で世紀の集団虐殺に立ち向かうのだ。
アクション大作、ヒーローモノはスカッとするかもしれないけど、もうそろうるさくなくていい。淡々、こつこつ、こういう人をつぶさに取り上げて欲しいと思うのだった。

TVドラマ『掟上今日子の防備録
毎回1話完結で綺麗にまとまる所が面白かった。主人公と主役のキャラクター性が際立っていていい。あとカフェのマスター、ミッチーの存在も。

 それから、三省堂の『漢辞海』というのを買いました。
漢和の上に当たる辞書で、内容がよく分からなかったので二の足踏んでいたのですが、
これはいい。
明治文学読むのに絶好でっせ。

| 読書録 | 22:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

今更乍ら水無月の読書録

6月の読書

日本文学盛衰史 (講談社文庫)日本文学盛衰史 (講談社文庫)
舞台版観劇の前に再読。非常に楽しかった。これがどう舞台化するのか楽しみ。
鎌倉文学館の展示も非常に良かった。
読了日:06月06日 著者:高橋 源一郎
8月に続編が出るそうで、文庫版で買ってしまった私は、
文芸書版で買うか否か、迷っている。


あきちゃった!あきちゃった!
夏の読み聞かせ用。定番の鳴き方しかしなかった鳥たちが次々と…。好評。
絵の単調さと分かり易さがいい。あと、落ちも。
小説家・いしいしんじのおすすめ本。
読了日:06月28日 著者:アントワネット ポーティス


10才のころ、ぼくは考えた。 (月刊たくさんのふしぎ2018年6月号)10才のころ、ぼくは考えた。
読んだ。素晴らしくよい。インパクトが強過ぎてまだ感想は書けない。時間置いて再読してから。
読了日:06月28日 著者:下西風澄

面白いのは、「10歳の頃考えた」ことではあるけれども、書いているのは大人になってからの「今」だ。
子どもの成長なんて身体が先に成長する子も、言語分野、数の理解、体力、記憶中枢、
さまざまな要素が均等に顕在化する訳ではない。
それを踏まえた上で、今、10歳の子どもがどれだけこれに寄り添えるだろうか、などと思いながら読んだ。
転生したら、異国の石として暮らしたい、と言った友人が居る。
石に意志は有るのか否か。


文人暴食 (新潮文庫)文人暴食 (新潮文庫)
非常に面白かったものとそうでないものと。自然主義文学者に対しては見方が冷たいように感じるのは私だけか?筆者の文学に対する愛情が楽しいのだが、どうしてもその偏りが出るのは致し方ないか。心平さんの章はよかった。
読了日:06月28日 著者:嵐山 光三郎

 冒頭の、『日本文学盛衰史』の舞台を観に行きました。
一見しただけの舞台をうろ覚えで感想描いたのですが、
ジャンル外の方達からも見て頂いたようなので、
…というか、私が描く漫画などよりよっぽど見て頂いたようなので、
一応こちらにも上げておきますね。

0618a.jpg0618b.jpg0618c.jpg

| 読書録 | 10:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

皐月読書録

 もう6月になったことに気づかなんだ。

5月の読書まとめ。
読んだ本の数:7
読んだページ数:1256

神童の死 (青空文庫POD)神童の死 (青空文庫POD)
読了日:05月05日 著者:北原 白秋
子どもの勘違いから起こる痛ましい事件の記録。
こういうの、ネットを錯覚した子どもとかで今でも起きそうで怖いと思った。


文人悪食 (新潮文庫)文人悪食 (新潮文庫)
食べることは生き方に直結する。そのままガソリンの種類なのだ。どの文豪も特殊に見えるが特殊でない生き方なんてないのだと思える。自分で調理する作家の生産と回収の完結している具合が特に面白い。
読了日:05月09日 著者:嵐山 光三郎

明治東京歳時記明治東京歳時記
膨大な資料の山。明治初期の作家の作品からつぶさに当時の生活風俗を拾い上げ、実際の場所と照らし合わせる評論。この所だいぶ読むようになったが、それでも名前しか知らない作家からの引用もあり、筆者の博識が窺われる。
引用多数な作家として、花袋、鏡花、子規、鴎外、荷風、谷崎など。
今よりもっと不便で不自由だった時代の庶民の楽しみがここにある。
読了日:05月14日 著者:槌田 満文

ベルサイユのばら 14 (マーガレットコミックス)ベルサイユのばら 14 (マーガレットコミックス)この外伝シリーズが始まってから、過去に色々付け足さなくていいじゃないか、と思って読めなかった。これはやっと本編のベルばらの後を描いていて、昔池田先生が描きたかったというフェルゼンのその後、『エロイカ』で描かれなかった部分に言及されていて、ちょっと良かった。
…まあ、ジェロ様の件は冗句として受け止めるとしてさ。
読了日:05月25日 著者:池田 理代子

火事とポチ (青空文庫POD)火事とポチ (青空文庫POD)
これは駄目だ、泣いてしまう。今とペットとの付き合い方の違う時代の話なんだけど、それでも泣ける。ポチ、いい子。
読了日:05月28日 著者:有島武郎

テガミテガミ
労働者の貧困を切々と訴える話。殆ど漢字を使わず、カタカナだけで書かれているのが、当時のそういう知識層に訴えているのだろうな、と思った。無着成恭の『山びこ学校』を彷彿とした。
読了日:05月30日 著者:小林 多喜二

眼
プロレタリア文学独特の専門用語があって、世界観が難しい。思想が血縁を超える、という話。
読了日:05月30日 著者:徳永 直


著者 :黒澤明監督作品
東宝
発売日 : 2003-01-21
非常に面白かった。貧富の差と社会の高低を上手に描いている。天使のような医師はアル中で、仁義を通す硬派なやくざは病に恐怖して弱く、病弱な女学生は最後まで学業を貫く。社会の触れ幅を丁寧に描いている。時間的まとまりも良い(98分)し、とても観易かった。

| 読書録 | 11:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

4月の読書まとめ

4月の読書
読んだ本の数:3

罪と罰 (まんが学術文庫)罪と罰 (まんが学術文庫)
絵が綺麗で細かいことと、訴えるものが強いかどうかはまた別の話なのだな、と。ロシアの独特な寒さ、民族性、時代や世界観が伝わりにくかった。ただ、長編で挫折し易いこの作品を1冊に纏め上げた力は凄い。
この手の漫画化作品は、どうして漫画家の名前を外からでも分かるように表記しないのだろう。「創刊の辞」に「まんがは素晴らしい媒体です」とあるのに、作者の名を明記しないのはまんがを尊敬していないとしか思われない。
読了日:04月16日 著者:


現代日本文学大系〈35〉有島武郎集 (1970年)現代日本文学大系〈35〉有島武郎集 (1970年)
主人公・葉子は、あちこちで悪女扱いされていますが、私はあんまりそう思わなかったですよ。
いい女か、って言われたら「NON!」ですけれども。
若さと家というものに自分の主軸が有った女が、その主軸を失って、どこに主軸をおいたらいいのか惑う話に見えました。
主軸が無くなるとその不安定さが自分にブーメランで返ってくる。
その自信があった頃の気力が造る虚無の足場の無い不安定さはリアルで、自分の中にもある感じがする所が嫌いになれなかった。
読了日:04月21日 著者:


よつばと!(14) (電撃コミックス)よつばと!(14) (電撃コミックス)
絵は恐ろしく正確で綺麗。よつばちゃんが巻を追うごとに普通の「いい子」になっていく様が寂しい。
読了日:04月29日 著者:あずま きよひこ

| 読書録 | 18:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

弥生のまとめ

 後輩が大学が決まったというので報告に来ました。
久しぶり過ぎて心許なく後ろをうろうろしているので、
竹刀を一本渡したら水を得た魚の如くぶんぶん振っているので、
折角だから切り返しだけ受けました。
実に縁起のいい切り返しを受けさせて頂いたよ、嬉しいねえ。

 ゲームの文アルで有島武郎の『或る女』が出てきたので読み始めました。
葉子さん、冒頭から飛ばしているねえ。
非常に高慢で我儘な女として書かれているという話だったのですが、
いやいやどうして。波乱万丈の中を自分を失わずに生きようとする姿勢は悪くないですよ。
今の所はね。


3月の読書メーター
読んだ本の数:7
読んだページ数:1815

週刊ニッポンの国宝100 21 風信帖/迎賓館赤坂離宮[分冊百科] (2018年2/20号)週刊ニッポンの国宝100 21 風信帖/迎賓館赤坂離宮[分冊百科] (2018年2/20号)
書は、その文字自体の読解も時代を経ると困難な所が難しいのだが、その書体の採用にどういう意味があるのか説明されている所が少ないのが残念。
迎賓館については、どれも実に素晴らしい写真の採用が嬉しい。
迎賓館の関連年表の冒頭に「ジョサイア・コンドル来日」とあるのがいいじゃないか!
その後もコンドル先生の扱いが良くて嬉しいが、もうちっと東熊本人の人物像を紹介しても良かった気が。
読了日:03月05日 著者:


虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)
うーん…。ゼロ年代SFは、
生きることに対する愛とか熱意をこそげ落としても
なお有る気力、が面白いんだろうけれど、
その分悲哀も削られているようで物足りない気がした。
他の方の感想を見ると絶賛の嵐なので、
私の読み取りが足りないんだろうなあ。
色々深読みしすぎた。
『ハーモニー』に入るかどうかはまだ思案中。
大勢が読んでいる本を読むと、反応があるのは面白い。
読了日:03月09日 著者:伊藤 計劃


砂の器〈上〉 (新潮文庫)砂の器〈上〉 (新潮文庫)
100de名著での紹介が面白かったので読み始めたら止まらない感じ。
ミステリー好きの上司曰く「ミステリー界の5本の指にはいる名作だ」。納得。
世界観、文化・社会の広がりといい、広域に跨る事に舌を巻く。下巻楽しみ。
読了日:03月17日 著者:松本 清張


砂の器〈下〉 (新潮文庫)砂の器〈下〉 (新潮文庫)
面白かった。「100分de名著」を見たので犯人は分かっていたのだが、それでもどういう展開になるのかずっとはらはらして読めた。今西刑事の人柄がいい。昨今のすぐ内部の裏切りに話が進む警察モノより、時代が生む悲劇を丁寧に拾い上げている具合が社会の弱者に寄り添っている感じがして、筆者の視線があたたかい。
後半、長文の事件解説が入るのだが、あまり苦にならなかった。
あっけない終わり方も潔くていい。
読了日:03月20日 著者:松本 清張


ゴールデンカムイ 13 (ヤングジャンプコミックス)ゴールデンカムイ 13 (ヤングジャンプコミックス)
相変わらずの面白さ。「闇鍋ウェスタン」が、今回本当に「闇鍋」だった。
アシリパさん、どこで杉本を判別しているの…?大きく話が展開していく所。今後も楽しみ。
読了日:03月21日 著者:野田 サトル


死後 死後
文アル読書会。
まー、何とあっけらかんとした!死の前年に書かれたものだそうだが、『病床六尺』がおいしい食べ物と弟子達との交流の楽しさを書いているように、自分の死と棺桶の話をして居乍ら、とかく楽しそうで明るいのだ。
7年の病苦を笑いに変えるこの強さは驚愕である。
読了日:03月22日 著者:正岡子規


NHK歴史への招待〈第16巻〉剣客の時代 (新コンパクト・シリーズ)NHK歴史への招待〈第16巻〉剣客の時代 (新コンパクト・シリーズ)
取り上げられている主な項目は以下。塚原卜伝、寛永御前試合、千葉周作、榊原健吉。
時代小説の虚から事実を掘り出そうと検証する本書。
後半の榊原健吉について、特に静岡時代についての史料・伝記は非常に手に入りにくいので有難かった。
但し、出典・信憑性は限りなく不明。卜伝についても剣道経験者が現在の剣道と引き比べて語っている所が面白い。
読了日:03月23日 著者:


コンドル博士遺作集コンドル博士遺作集
コンドル先生の資料を読んでいると、必ずといっていいほどこの本の話が出てくる。
だが非売品で、稀少古書で、見ることは叶わないだろうと思っていた。
それが見られるなんて!デジタル国会図書館凄い。
現存しない建物のバリエーションが素晴らしい。
93コマに暁斎先生の額が出てくる。それも嬉しい。
読了日:03月28日 著者:コンドル博士記念表彰会

ザ・グレイ [DVD]
少し前に『狼に冬なし』(岩波少年文庫)を読んでいたので、雪原での狼の遠吠えは非常に恐ろしさを感じた。
眼に見える敵として狼が描かれているが、本当に怖いのは、自然の中に置かれた人間の無力さだ。
もっと生きたい人が死に、最も死にたいと思っていた人が生き残って行く皮肉。
他の人の評価が非常に低いのが不思議だが、私はとても面白かった。
(後日、『狼に冬なし』の翻訳が多喜二の盟友・中野重治だったことに気が付いてびっくりする。)
観了日:03月22日

あと、途中で『ちはやふる』の下の句見てます。
それなりに面白かった。
(ワタクシ一押しの原田先生が尺の都合上端折られているのでね、仕方ないんだけれども。)

それから、この間のドラマ『アンナチュラル』が大層面白かったです。
中堂先生役の井浦さんが荒っぽくて尖ってて、
物腰柔らかでゆったりした日曜美術館の井浦さんと正反対な印象な所がギャップ萌えでした。
素敵過ぎる。
これからの日曜日、何を楽しみにしたらよいのだ。
夫の意見で、同じ脚本家の作だという『逃げるは恥だが役に立つ』を今頃見始めましたよ。
第二話、田山花袋やんけ!『蒲団』やんけ!!
ガッキーがヒロインだと思っていましたが、源さんの方だったんですね。
少女マンガよろしく、所々今時そんな高級感あるかーい!と思う所もありますが
貧乏人の僻みね、ドラマなんだからそれもよしとして、お話はなかなか面白いですよ。

 さあ、新生活だ。
呑み込まれないように、淡々と坐りませうぞ。

| 読書録 | 17:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>