おひさまのかたち

日々つれづれ。剣道・読み語りなど

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「我」と「私」

 右下のブログパーツに読書メーターの窓があったのですが、
機能整備中のため更新停止だそうですので、一旦削除しましたよ。
(何でいつになっても更新されないんだろうと思っておりましたよ、気づけ私。)
興味がおありでしたら、下の「リンク」から飛べます。

 まだぽつぽつと『独歩病床録』を読んでおるのですが、
今は芸術論のくだりでね、この作品を書いた時はどうだとか、
そんな話が出てくるので、短編集を片端から読み返しています。
そんなんでなかなか進みませんよ。はっはっは。
昔何言ってるのか分からなかった『牛肉と馬鈴薯』とか、なかなかいいねえ。

 100分de名著が、今月は『維摩経』になりましてな。
前回の『三国志』は、丁度うちの子どもが『妖怪ウォッチ三国志』なるものが面白くてねえ、
なんて剣道ノートで言っていた後だったので、これを機会にと再挑戦。
もともと三国志は何度挑戦しても挫折していたのですが、
講師の先生が面白くてですな、とても分かり易かった。
ところが番組を聴いて、ほうほうなるほど。などと思って、テキストを閉じると、途端に端から抜けている。
どうにも性に合わないようですな。
漢字が多くて人の名前と事象がなかなか覚えらんないんだ。

 さて今月の『維摩経』。
少し前の道元和尚の『正法眼蔵』なんてのは難しくって、
とてもじゃないが稽古帰りの呆けた頭で理解できないので諦めておりました。
まあ今回は稽古を休んでおりますからもありましょうが、
今まで読んだ色んなものの再確認をしているようでありますよ。

 水は水であって、それが在り難かったり、怖いものであったり、厭なものであったりするのは、
つまりはそこに余計な自分があるからだと。
自分の感情がそこに映っているだけのことだと云う。
 忠太郎先生が、
自分を映すのは「鏡(かがみ)」だ、そこから「が(我)」を取ってごらん、残ったものが世界だよ」
というようなことをどこかで書いておられたが、それとおんなじことだと思った。

 『維摩経』は、固まった意識を何度でも打ち砕いて突き崩して、考え直せ、というのが
究極的に訴えたいことなんだそうな。
それは、出来た構えを何度も直して、もう立ち方から着装から全部見直して、っていう
剣道の昇段審査に向かう姿勢と似ている。

 座禅の先生がこの所ブログ書いていらして、
今暫く通えないので代わりに毎回楽しみに読んでいるんだけれども、
「私利私欲」という話が出てくる。
「私利私欲」というのと、「我」は似ているように思う。
では、どこまでが「我」で「私利私欲」なのだろうと考える。

子どもの命が繋がれ、と願うのは私欲だろうか?
誰かに使うかもしれなかった薬を使うことは私利ではなかったか?
止まった呼吸を人工的につなげたのは理法に反するエゴだったろうか?

でも私は、他に欲を持たないあの呼吸こそが「生きる」ということに見えたのだ。

呼吸をするこの体は他の生き物を殺して食し、次の世代を育てることで繋がる。
それは欲で利でないのか?
それは「私」か「我」か?

「僕の知人にこう言った人があります。《吾とはなんぞや》
なんちょう馬鹿な問いを発して自ら苦しむものがあるか到底知れない・・・。
僕の願いは寧ろ、どうにかしてこの問いを心から発したいのであります。」
  (国木田独歩『牛肉と馬鈴薯』より)

| 面白かった作品 | 19:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

#文アル読書12『春の鳥』

 以前からリクエストは出してあったのですけれど、まさかこの時期に通るとは思っていませんでした。
#文アル読書12 国木田独歩『春の鳥』
嬉しいかな、嬉し哉。

 『春の鳥』は私の初独歩で、これで独歩さんが好きになったのでした。
主人公の元教師は下宿先の白痴少年・六蔵と出会い、
少しでも社会人と共生できるようにと教育を試みる、
といった粗筋です。

 うちの道場は先生が何でも引き受けてくるもんだから、
私は専門知識を持たないですが
自閉症の子とか多動性の子とか、
なんて言うんだか知らないが突然大声を上げたくなっちゃう性格の子とか、
新人さんで入ってくるとみんな一緒に面倒を見ます。
教育とか指導ってどこまで必要なの?って、
一般に普通、と言われている子どもと対している時でさえいつもそう思う。

現代人が車を使うようになって、江戸時代の人たちのように早く長く歩かなくなったように、
六蔵よりも数が正確に数えられたり、鳥の名前を多く覚えられたりすることによって、
かえって数字では読めない世界が理解できなくなったり、鳥の思考が聞こえなくなったのは
私たちの方なのではないかと思う。

今、『独歩病床録』を読んでいるのだけれども、
幾種類もの薬を飲んで、社会から隔離されて生き長らえている、
その事が人間にとって本当に「自然」な状態なのかどうか、
独歩が悩んでいる下りがある。

余計な事(教育)を入れることによって、子ども/人間の可能性を奪ってやしまいか、
本当にそれは「自然」なことだろうかと自問するのだ。

ルソーの言う「自然状態」は人間社会、「文化」がある上での「自然」なのだが、
天野貞祐が
「文化という語は耕作(culture)という語源を持ち、自然に対する言葉で、
原自然に人工が加わり人間の知識技術によって開拓され育成されたものが文化である。」
(『真実を求めて』雲井書店1950)と言っていたのを思い出す。

私たちは、文化を大事にし過ぎる余り、一羽のカラスが同じ空に生きていることをつい忘れる。
自然の子・六蔵はそれを繋ぎ止める為に来て、
『春の鳥』の「私」はそれを受け取ろうと尽力した人の絵に見えるのだ。

| 面白かった作品 | 09:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

開戦の日

 余りに遠くなり過ぎて、うっかり派兵しちゃおうか、って気になるほど鈍くなっているようですな。

 さて、来月の剣道体験作文発表関東大会の特訓の為に、毎週自転車で片道50分漕いで通っておりまする。
・・・いや、電車で行ってもいいんだけどね、物入りの年の瀬だしさ。
稽古前に6時ごろ軽く食べて、帰ってきて10時過ぎにまたご飯食べる、っていうのが週4日、
しかも自分の分だけ作るのは面倒なので、炭水化物とたんぱく質←肉まんかウインナーご飯と漬物、みたいな。
家族の分は別に作って出掛けるんだけれど。
毎週、って続くときつくなってくるな。
じゃあちゃんと作ればいいんだけれど、元々食に適当な性質なので、つい億劫になる。
あんまり足先の冷えが酷いので、整体に行ったら
「運動している人の足先じゃないですよ。老廃物溜まり過ぎ。栄養とってますか?」
とお叱りを受けました。すみませぬぬぬ。

 夫が好きな漫画家のエッセイが載っているからということで『ダ・ヴィンチ』のブックオブザイヤーの特集号を買ってきました。
ついぞ舐めるように読んでしまうワタクシ。
読んでいないけど面白そうな本っていっぱい出ているんですなあ。

最近の。
・『地味にスゴイ!校閲ガール』テレビドラマ
久しぶりにテレビドラマを全話見ました。
面白かった。
私が面白いと思うところ(出版社の職場の本まみれ具合とそれぞれの職場を楽しいものとして描く所)、と、
ツイッターなんかで言われている他の人の感想(恋愛要素とファッション)が乖離していて、
それも面白い所でした。
見始めた最大の理由は久しぶりの五朗さん出演ドラマだったので、
まあもうちょっと活躍して欲しくもありましたが、でも楽しかった。

・100分de名著、新冊になる度「見よう」、と思うのですが、
月曜、稽古から帰ってきて脳みそ呆けている時間帯の為か、何度も間を見そびれて意味不明になってしまいます。
名著だからこそがっつり気合入れて見たいのですが、タイミングが悪いらしい。
「そんなこといったって、ルソーの時は見ていたじゃないか」と夫が言うのですが、
ルソーはだって、だらっと気が抜けていても見られるじゃないか。
「ルソーが気楽、って感覚が分からん」と言われるのですが。

・ゲームのせいで、ちょこちょこ色々読んでおります。
岡本かの子の古流の水泳家の話とか、良かったなあ。
梶井基次郎は、『檸檬』しか読んだことなかったんですが、
『冬の蝿』も良かった。
蒼いゼリーの中につぷつぷと埋まっていくような美しさがあってなかなか印象的でしたな。
以前からそうだったけれど、太宰はイマイチ私は合わない感じだな、とか。

・『芸術新潮』北斎特集
いいなあ。読み本の挿絵が特にいい。
三国妖婦伝読んでいた時も、あれが面白かったんですヨねえ。
(同じ電子書籍なのに花袋の本がその後なかなか読み進まないのは挿絵が無いせいもある、多分。)
後半の、橋本真理さんとしりあがり寿さんの仙厓対談も良かったです。
「解放感、安心感による笑い」という話が良かった。

・「今年の1番!」の候補に、江戸東京博物館の大妖怪展を入れ忘れていたのですが、
あれも楽しかったですねえ。
最近、イシデ先生がツイッターに挙げている「ねこまた」シリーズも楽しいですな。
猫飼いみんなの憧れ、ねこまた。
(尻尾が二股になるほど長生きしているってことだからさ)

「今年の1番!」ぽつぽつ集まってきておりまする。
まだまだ募集中ですよ。
面白いもの教えて下さい。

| 面白かった作品 | 19:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

月を獲るたらい

 まあ、他人にドウでもいいでしょう、ゲームの話。
『文豪とアルケミスト』、すっかりはまっております。
ゲームを熱心にやっているかというと、微妙な感じなんですが。
宮沢賢治が出ないかなー、とせっせとチャレンジしておるのですが、
違う文豪が出て、しかもあんまり読んだことない作家だったりすると
青空文庫や手元の抄訳の文学文学ガイドを漁ってみたりしています。

お陰で比較的レアな夏目漱石が出てしまってもちっとも有難くない。
木曜会の文豪、ゲーム内にあんまりいなくて揃えられないようだし。
(宮沢賢治だってアザリア以外は会派組んでいないから仲間いないんだけど)
あ、芥川が木曜会か。
個人的には寺田寅彦と鈴木三重吉を入れてくれると楽しいんだがな。
あと野上弥生子好きだけど女流作家はゲームには出てこないからね。

 それから、中野重治が文豪中最悪の悪筆だ、っていう話しだったのだけれど、
野尻抱影の悪筆さに比べたらまだまだ可愛いもんだ、と思った。
だってまだ文字に読めるもの。

 永井荷風が、発禁処分作家だというのは知っていたのだけれど、
娼婦の話とか、花柳界の話だとか、そういうものを取り扱っているから18禁的な意味で
発禁処分なのだと思っていたら、結構積極的に
「軍部のやり方、アレはドウカナ。坪15円の土地を5円で接収したんだぜ」とか
「支那人一人殺すのに2000円費やしている。この戦争がいかに愚かしいか」とか
具体的にばんばん書いている。なんという反骨精神。
国威高揚、軍備増大のご時勢に
「日本人の口にする愛国は田舎モノのお国自慢に異ならず。」(『断腸亭日乗』)
とか、そりゃあ、軍部に目をつけられるよなあ。

 田山花袋の『東京の30年』は国立国会図書館のデジタルデータで読んでいるのですが、
好きな作家先生(尾崎紅葉)へファンレター書いて自宅へ遊びに行って、
始めこそ大人しかったものの熱弁奮い過ぎて恐縮したり、
いい作品書くんだけど世間的に評価されていない作家と仲良くなって、
今時の出版業界はさ…って話に興じていたりする。

100年前の文学が、この平成の世となんかあんまり変わらない。
にわか文学ブーム、楽しい。


 土曜は剣書勉強会で、以前からずっと気になっていた「浩然の気」の章でやんした。
(『剣道講話』3巻「浩然の気」小川忠太郎・体育とスポーツ出版社)
「浩然の気」について始めて知ったのは何だったかな、
うちの道場で自由に読めますよ、ってことになってる冊子、
小川忠太郎先生の「正しい剣道とは」に載っていたんだったか。
孟子の言葉だそうでしてね。
「その気たるや至大至剛。
直を以って養いて害すること無ければ則ち天地の間に塞(ふさ)がる。」
という意味だって言うんだ。

「至大至剛」「天地を塞ぐような」気、って言うから、
もの凄く気を吐いて壮大な建前を作れ、ってことなんだと何故かずっと思っていて、
何者にもめげない、めげてもそう思う心を轢き潰すような気のことだと思っていた。

>「至剛」、絶対に剛い。これも強・弱の相対ではない。
絶対に剛いというのは、飯の上にボーっと立った湯気のような、
すぐに消えてしまうはかないもの、そういう弱いものと同じである。(p15)

 ああそうか、そこの所が欠けていたんだなあ、と思う。
この間読んだ、月を獲る、フランスの昔話と一緒で、
月を獲ろうとたらいや桶を山ほど積み重ねてよじ登るが、まだ届かない。
その内に村中のたらいを使ってしまって足がかりが足りなくなってしまう。
「あ、そうだ!」
下の方にあるたらいを引っこ抜いて、上に重ねて行けばいいんじゃね?
ということで、一番下のたらいを引っこ抜いた途端にたらいの梯子は崩れ、
月を獲ろうとした男は下界へ落ちてしまいましたよ、というお話。
あれと一緒だ。
始めのたらいがないのに上へは行かれません。
画力とか、テーマとか、ネーム力とか食い下がる必死さとか。

20141023_01.jpg
(仙厓さんの「指月布袋画賛」)

 さて、そろそろ恒例の「今年の1番!」の時期ですよ。

| 面白かった作品 | 13:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

漫画の日

 なんかもうみんな忘れている気がするんだけど、今日は漫画の日だ。
手塚先生の誕生日だからね。
そんな訳でおススメの漫画を。

逆流主婦ワイフ』(イシデ電・コミックビーム)
51ynqkwyMXL.jpg
最近、『晴れ間に三日月』(集英社)っていう新作でじっくり女同士2家族のやり取りを描いた作品も出ましたが、
『逆流主婦』の方は、カッ飛び方といい、バラエティの多様さではこちらの方が上回っている気がする。
1話だけ見るとぎょっとするんですがそこからの広がりがいい。
っていうか、イシデ先生の漫画はつながりの多様さが非常に面白い。
そんな人いるかい、ってキャラクターが実は大事な心のツボを押さえているというような。
是非長編で読んでみたいんだけれども。
このお話、どこかの雑誌で続きをやってくれないかなあ。

 『流転のテルマ』(蔵西・講談社)
619.jpg
漫画ボックスで連載していたもの。
スピンアウト編が今同人誌で連載中。
平和な日本に居ると見ることの出来ない苛酷な環境化で生きる人たちの、
異文化旅行が興味深い本です。

くぼたまこさんがコミックアライブで連載していた『かみさまといっしょ』シリーズが
12月23日に単行本で発売が決定したそうです。 
いやめでたい!!みんな予約すれ。

 あとはまあ、せっかく手塚先生のお誕生日ですのでおススメの手塚漫画を。
『BJ』とかは、みんな挙げるでしょうから、『きりひと賛歌』。
『BJ』より前にこれが描かれていたというのが凄い。
人間のエゴとか差別意識とか命とか、そういうのが全部出てくる漫画。
途中のエグサに比べて、読後感はとても優しいです。
そこが凄いんだよ、手塚治虫。
読者を捨て置かない。

| 面白かった作品 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>