おひさまのかたち

日々つれづれ。剣道・読み語りなど

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

『空の目 海の耳』完結

rakugaki332.jpg
『空の目 海の耳』完結しました。
応援ありがとうございました。

 これからしばらくはコミティア出展用の原稿整理に入ります。

 先日より沢山の拍手ありがとうございます。

| 『空の目 海の耳』 | 23:59 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

こつこつ執筆中。

『空の目 海の耳』拍手ありがとうございます。

rakugaki330a.jpg
原稿を描いておりましたら、後ろから覗きに来ていた息子が
「豚のお母さんの腕、おいしそう」と申します。
なんて残酷な!と思ったのですが、ぐるぐるウインナーを食べている場面を見て
「なんて残酷な!」と申します。
それを聞いた夫が右のカットを。な、なんてことを!
(「ふらん丼」が何か分からない方は宮沢賢治作『フランドン農学校の豚』を読まれるがよろし。)

 最後の場面、1エピソード挟むかどうかでちと迷っております。
次の更新で完結予定です。

 週末はモデルロケット全国大会見学でJAXAまで行ってきます。
翌日は近所で5年に1度の平安時代から続くお祭り、
その翌日は我が家的にちょービッグイベントが待っております。
コレは無事終わってから言うわ。

 週明け、来週中に更新できるといいな、とかそんな所です。

| 『空の目 海の耳』 | 14:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

『空の目 海の耳』更新

rakugaki329.jpg
 『空の目 海の耳』更新しました。

 「空目」という言葉が最近一般化してきているそうですが、語源的なものは「空の目」も同じです。

 私は漫画を描く時にプロットや設定をほとんど立てませんが、
読んだ本の抜書きをしてノートを作っています。
今回、『水の断章』(淡交社・竹西寛子←『蘭』の作者)という
エッセイの一部をモチーフに描き始めました。

 人の目は現実に在るものを見る。現実には無いものを見る。
現実には無くても、心に見えるものを無いとは言わない。在り無しの妙。

という所からの発想だったのですが、先日(10/1)の朝日新聞、東洋大学全国講演会の抜粋記事。
明治の哲学者・井上円了についての話が載っていました。

要約しますと、妖怪、あるいは怪異と呼ばれる現象のうち、
科学的に解明できない神秘・事象「真怪」の正体は、
「清風明月、これ真怪」なのだそうです。
「清風明月」・・・つまり普段目にしているもの、聞こえるものの全てです。

 それこそが「在り無しの妙」、「空の耳 海の目」なんですわ。

| 『空の目 海の耳』 | 21:46 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

『空の目 海の耳』 更新

rakugaki323.jpg
 『空の目 海の耳』 更新しました。
何とか間に合っちゃったね。
明け方に、のぞみちゃんがこっそり台所へ入り込んでいた音で眼を覚ましました。
ああ、ビックリした。

 起承転結、の承まできましたよん。

>> Read More

| 『空の目 海の耳』 | 05:18 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

新作『空の目 海の耳』連載開始

ms01.jpg
 『空の目 海の耳』連載開始いたしました。
またとろとろ描いていきますのでお付き合い下さいませ。

 友人が編集に協力した句集をくれていたんですが、全然読めなかったのをやっと読み始めました。
合同句集 『欅』。
 菠薐(はりょう)って知ってる?
ほうれん草のことなんですってよ。
俳句をやっている人は季語に強いとは思っていたんですが、
言葉を厳選する為に、今じゃ使われない言葉もよく知っている方が多いです。
元々、『剣道しちゃうぞ!?』を連載することになった時に、
4コマにまとめる力が欲しくて、俳句をやっていた友人に言葉をすくい上げる参考に
読ませて貰うようになったのですが、奥が深いねえ。
漢和辞典と広辞苑とを両脇に抱えながら読んでいます。
(だったらとっとと漢検1級の勉強すればいいんだが、それはちょっと、挫折中)
句集を読むのは河原で綺麗な石を見つけ出して拾うのに似ています。
時々きゅっと来る。

 息子が国語の授業で草野心平をやっているそうです。
「草野心平って、宮沢賢治を広めた人でしょう?」といって、先生にビックリされたそうです。
まあ、線虫と変わらないような字を書く子供がいきなりそんなこと言い始めたからでしょうよ。
「また、かえる系の詩だったよ」
というので、なんでああかえるばかり描いているのか、とか
反日運動真っ盛りの中国に留学して、一緒に詩集を作ってくれた中国人の友人がいたんだよ、(「私は信じ私は待つ」昭和18年)とか、
またこう、中学生じゃ知らないような偏った知識をうっかり喋る私。
 だって、なんでそういう詩ができたのか知ってるのと知らないのとじゃ
味も滋味も違うじゃない。なんてことを思ったりして。

9/13追記。

>> Read More

| 『空の目 海の耳』 | 12:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |