おひさまのかたち

日々つれづれ。剣道・読み語りなど

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

『私の話②』

201.jpg
『私の話②』、完結しました。
殆ど毛虫と幼虫ばっかりですので、大丈夫な方だけどうぞ。
最初から

 なんか、もうちょっと読み易いように
他に描き様があったんじゃないかとか、
自分の言いたいことが言いたいように描けているかとか、
言葉について、しつこい位に書き直したりしました。
たった16ページを2ヶ月もかけてコレか、という気もしないではないんですが、
読者層がどうの、とか1ページに対するコマ配置と個数がどうの、とか
どこの雑誌に向けて、とか(デキモシナイノニ)
無駄なこと考えないで描けたのは楽しかったですよ。

『私の話③』もイメージはあったんだけど、うまく固まらないので
ここまでで一区切りということで。

| 創作漫画 | 09:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

絵日記つれづれ

 暁斎日記が大変面白いので、風斗日記をやってみております。
剣道日記をさくさく書けるのだから、絵日記だって簡単に、と思ったのですが、
これが、難しい・・・!
自分ルールとして、
・下書きなし、一発描き、やり直しなし
・記憶だけで描く(参考資料とか見ない)
・やったことだけ描く
・出来るだけ文字を入れずに絵で表現する
・1日1ページ

 河鍋暁斎がその日行った美術展だとかの絵を日記に描いているんですが、
展示されている絵などが実際のままなのだそうです。
彼の描き方は「描く時にはモデルを見るな」ということだったそうで、
有名な「鯉魚遊泳図」も一日池の傍に立って鯉を見つめていて、
pic_017.jpg
部屋に入ってから一気に描き上げたという話があります。

 そんな訳で「記憶だけで描く」、をしてみているんですが、
普段自分がどれだけ適当にものを見ているのかよく分かる・・・!
1時間もテレビドラマ見ていて、登場人物が何を着ていたか覚えていないとか。
顔描けないとか!

 昔、みんなで動物園から帰ってきて、
サイの角がどこにどう付いていたかというのが誰も正確に思い出せなかったんですが、
日野慎之助君だけが「え?こんなんやったやろ」とさくさく描いていたのはこういうことだったか、
といまさら思い知らされておりますよ、ええ。

 ラジオを良く聴くのでそれを描きたかったりもするのですが、
1頁の情報量とか表現形態とか、悩みますなあ。
01.png


本項の結論:ちくしょう、河鍋暁斎、絵がめちゃ上手ぇ!

| 創作漫画 | 18:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

河鍋暁斎祭り。

 『斉木楠雄のΨ難』で土木工事に使う、
コンクリートを均す機械・ランマーで肩こりを治そうとする話があって、
あれちょっといいな、やって欲しい!とか思っている風斗です。

000914.jpg
 明日からコンドル先生の三菱美術館で、師匠の河鍋暁斎展がありますので、
あちこちで暁斎特集が組まれておりまする。
全部欲しいけどそれでは破産するので、選抜の結果『美術手帖・7月号』購入。
(『芸術新潮』の特集と実に迷いましたが。)

 河鍋暁斎は何でも屋なので、正統な?美術画も漫画もやった人なんですが、
この所私のお気に入りは「暁斎日記」の一発描きの絵。
暁斎先生の描いたコンドル先生、正座できないとことか超らぶりー。r646.jpg
こういう線の伸びとか少ない線で表現される躍動感のある物体の作りとかもの凄く憧れるんですが、
漫画で描けば描くほど遠くなっていくのは何でだ。 

 本誌で、しりあがり寿さんが『新富座妖怪引幕』をネタに1頁漫画を描いておられます。
まあ、ご存知でしょうけれど、
しりあがり寿さんの絵って緻密なデッサンや写実性とかいった画風とはかけ離れた、
テキトーにもふざけたようにも見える絵柄と構成だったんですが、
私の思う暁斎像に一番近かったですよ。
(魯文と暁斎の性格が逆っぽくてもいい気もしますが)

 最近見たものの話。
 先日見たWOWOWドラマの『Wフェイス』というのが面白かったですよ。
誘い、じらし、爆発、って言う持って行き方がすごく上手い。
後編がレンタル中だったので、返却待ちです。
WOWOWドラマはどれも評判がいいようですな。
岸谷五朗さんが出ておられるのを見たいんだけれども。

 それから今頃アニメの『ピンポン』。
伊東延高さんの絵が独特でいいですねえ。演出も。
あの偉いパースのかかった画面ってどうやって作るんだ。
元々原作好きなんです。誰が好きって、そらもう、コン・ウェンガですよ。

 漫画だと、月刊スピリッツ連載の『サンチャゴーレベリオンシマバラ』(円城寺真己・小学館)
が面白いですかね。
島原の乱がお話の舞台です。
作者が自分の各キャラクターに容赦がない。
遠藤周作の『沈黙』とか、吉村昭の『磔』とか、
人間が人間に対して行う行為の極限というか、
際限のなさを熾烈に描いているけれど、
ただ暗くなるんでない所がすごいですな。
現在2巻まで刊行中。
そういや、『沈黙』は映画になったそうですよ。
日本で公開されるのはいつでしょうかな。

6/27 たまこっこくらぶさま>コメントにて返信

>> Read More

| 創作漫画 | 23:09 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

新作『怠け者の国』UP

 新作のUPです。
001.jpg
『怠け者の国』

 ささやかですが。

2/8追記 作品拍手、コメント有難うございます。 

>> Read More

| 創作漫画 | 22:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

近況

kopedonn/soi

 未だに絶賛ネーム中です。
友人に見て貰って何度も言われているのに抜けている所を指摘して貰って気が付いて、
・・・直せない。
このネームにアホのように時間がかかってしまう所がイカンのですが、
焦るほど修正ネームが増えていくと言う。

 明日までに埒が明かなかったら最低ラインのセリフ削りだけして、
もうこのままで突き進もうか、と考えています。
間違っていても何でも完全に手が止まるよりマシだ。

 うにうに腐りかけている時に稽古に行く必要があるのは非常に有難いです。
適度に気持ちがかき回されるのです。
子供達ちょー可愛がっちゃう。


 「今年の1番」、相変わらず、絶賛募集中です。
こういう時こそ面白い作品、言いたいことを言得ている作品をどんどん応援したい。
今年1番面白かった漫画、小説、映画、音楽、ゲーム、ドラマ、などジャンル問わずです。
あなたのオススメ教えて下さいませ。


12/10拍手お返事

>> Read More

| 創作漫画 | 00:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>