おひさまのかたち

日々つれづれ。剣道・読み語りなど

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

すき間の時間

 近所の本屋が潰れて、正直「せめて客がお願いした仕事はしてくれ」な本屋さんだったので、
擁護の仕様もないのだが、それにしたって代わりの本屋が出来る訳でないので不便している。

 自転車で20分のA本屋に行く。
探す本がないので店員さんに訊くが、即座に検索してくれて、
店内の在庫状況、発注後の取次搬入日までだいたいでお話してくれる。
接客態度はいつもながら完璧である。
リニューアルオープン後、3分の1ほどのスペースに輸入雑貨を置くようになって、
本の並びに遊びが減ったので、好きだった建築史や画集、剣道や思想本の品揃えが大きく減ったのが惜しい。
岩波文庫は定期的に入れ替えているのか(買切だから売れるまで不動になりやすいのだが)、
それなりに揃いが良くて楽しい。
小学生が新刊コミックの所で、お小遣いの都合で1冊にするか2冊にするかを散々迷っていて可愛かった。
店内放送でクリスマスプレゼントにハリポタ最終巻の宣伝。
本を読んでの宣伝内容で、ポップの代わりにこんな手もあるのか、と思う。

 B書店へ。元々半雑貨屋。
ここもリニューアル後、書店自体の規模縮小。
コミックはコミティア作家が出しているような、小規模出版社のちょっと拘った本に特化するようになった。
以前からちょっと興味のある、横山光輝の『殷周伝説』の箱入全巻セットがあってときめく。
8500円か。小川忠太郎の『剣道講話』と同じぐらいなんだよなあ、などと迷いながらはしごを降りる。
県民の日で中学生が怖いもの見たさのような感じで覗いて変わった漫画を話題にはしているが、
手に取っている様子は無かった。
まあ、それはそれで楽しいが、今欲しい本がなかったので諦める。
ここも奇書コーナーが削除された模様。
UMA博士と話を併せたくて勉強するような本がなくなってしまったのは少々痛い。

 C書店。ここも1年ほど前にリニューアル。
ここは本棚を足し、カフェスペースも作った。
音楽に気を使って流行歌のピアノインストにしているようだが、耳をツンザク大音響である。
どれにしようか、考える余裕すらない。
本棚を足し、本の種類は一応増えたが、やはり建築史と剣道関連本はなし。
思想史系は「やさしく」とか「初心者の」とかそんなんばっかりである。
巨大面平は何箇所かあったのだが、どっちも同じ本で同じ積み方で面白みに欠ける。
ただ、目的の本はここで見つかるのだ。

 うちの秋入団の6年生で、お父さんがリバ剣組、残り稽古の間をじっと静坐して待っている子がいる。
そりゃまあ、大人の稽古を見るのも勉強だが、始めたばかりの子供にはつらかろう、と思ってた。
もう一人の秋入団の3年生といまいち馴染まないので、
お互いの好きなもの嫌いなものを3つづつ言い合って私に報告しに来なさい、
という課題を出したら、案の定、例の彼は嫌いなものに「算数のテスト、きのこ、待つこと」と挙げてきた。
好きなものは「漫画、ゲーム、給食」と言うので、
「よしじゃあ先生、残り稽古の間読める、面白い漫画持って来てあげよう」
ということになった。
12歳の彼が面白いといいな、と思って沖田総司が12歳の所から始まる新撰組の漫画、
ヒラマツミノルの『アサギロ』(小学館)を持って行くことにしたのでした。
今の所、大当たりのようで、よしよし。
長くなりそうだから買うの辞めてたんだけど、まあ、あんなに楽しそうなら続き買ってもいいかな。
ってんで本屋に走ったのでした。

| 読書録 | 23:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://kazatom.blog.fc2.com/tb.php/691-d93d84b1

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>