FC2ブログ

おひさまのかたち

日々つれづれ。剣道・読み語りなど

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

坐る話。

r809.jpg
 ちょっと前の話になりますが、先月だな。
以前から通っている座禅道場で、初関を透過致しました。

…って言われてもなんだか分からないわね、私も良く分かっていないんで、「へっ?」ってなった。
老師っていわれる人と問答をして、最初の問題をクリアすることだそうです。
私は正式に入門した身分ではなくて、出稽古させて頂いているような立場なものだから、
その後ちょっとばたばたしていたんですが、まあちょっと落ち着いてきましたので。
いろんな方に「おめでとうございます」って言って頂いたんだけれど、
正直、何がどうめでたいのかもよく分かっていないです。

 感覚としては、剣道の昇段審査に近いです。
それの1級とか、初段に合格したような感じ。
まだ先めちゃめちゃ長いじゃん!
そして私は初関透過が人よりだいぶ早いらしいです。
という時は、大概そのあとで苦労するんだ。
(昇段ってそうじゃない?)

 ついでに言うと、坐禅は毎日の素振りみたいな感じです。
(審査前以外、毎日素振りなんてしたことないけど)
それだけで「剣道」とは言わないけど、それに繋がる・助けになるもの、みたいな。
「僧侶目指すの?」「改宗するの?」とか訊かれましたけど、
全然そんなことないですよ。
初段取った=プロの剣道家って訳でないのと同じです。
私は禅の本はキリスト教圏からの比較を語った鈴木大拙から入ったせいか、
禅ってキリスト教徒にも仏教徒にもイスラム教徒にも通用する気がする。
あと哲学とか心理学も。

剣道の理想は、「剣禅一如」っていうので、
今の所はまだその為の勉強させて頂いてる範疇といった所でしょうか。
初関を透過してから何か変わった?っていうのは自分じゃ全然分かりませんが、
ちょっと、ほんのちょっとだけ、我慢するようになったかな。
ほろっと愚痴が出そうになるのを、一瞬我慢出来る、ようになった、かな。
坐禅の時に呼吸数えるのに集中するようにするので、そのせいかもしれませんがね。
あと、我慢しないで言うこと言おう、とか。全く正反対なことなんですけれどもね。

 今、宏道会で頂いた「小川忠太郎先生の教え」っていう記念冊子を読んでおるのですが、
大層面白いですよ。

 ま、今年のうちに今年のことをご報告まで。

| 近況。 | 17:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

剣道実年親父さま>

ああそうだ、お近くですよね。
普段の座禅は地元のうらわ道場へ通っているので、
宏道会道場へはイベントの時だけなんです。
あそこで稽古に混ぜて頂くのはちょっと夢なんですが、
どっかスケジュールの空きが欲しい…。
子供の頃に座禅を体験しておくというのはとてもいいですね。

| 風斗碧 | 2017/01/05 17:08 | URL | >> EDIT

碧先生
いや近くまで来られてるのですね 
宏道会さん懐かしいですね 
子供の頃 座禅中に空気の流れが見えたことがありましたよ
たぶん寝ていた(笑) のかな?

また次の記事楽しみにしてます

| 剣道実年親父 | 2017/01/04 21:49 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://kazatom.blog.fc2.com/tb.php/701-38022aae

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>