おひさまのかたち

日々つれづれ。剣道・読み語りなど

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

『五段のご』更新

[ゴメンナサイ、接続切れていました。修正3/3しました]

0106.jpg
『五段のご』更新しました。

 なんかこう、予定よりずるずるページ数が伸びておる訳ですが、
もっとドカーンと、ババーンと、『暁斎日記』のようにいかんものか。
kyo.jpg
剣道ってどうしても絵にすると線が多くなってしまうので、
それもこう、20141023_01.jpg
仙厓さんみたいに極限まで線落として単純な形に出来たらいいですなあ。
読む人の想像力を広げるような。

ツイッターなどで、文化村美術館の河鍋暁斎展のお知らせが来る度にそわそわしておりますが、
審査終ったら行くんだい!
それまで我慢するんだい!

 昨日は子どもの剣道ノートが、
今学校で習っている谷川俊太郎の『生きる』という詩です、
と、1本丸まる詩が写してあって、薄暗い夜のホームで突如青空が見えるようでしたよ。

 それから暫く電車に乗る間、なんて返信しようかと考えながら
持っていた中原中也の詩集を読んでおりました。
「金魚と娘が」の、「金魚・きんぎょ」が何故か読めなくて、
「きんのうお、てのはお伽噺のようだ、
グリムかなんかかな、
しゃちほこみたいなもんかな、
いや、キンザカナってのは鯉のことかな、はっ!恋に掛けてる?」
とかよく分からない思考を廻した後、
「・・・フツーは、金魚・キンギョって読むんじゃないか?」
と思い至りました。疲れてんのかな、自分。

あと5日。

| 剣道 | 19:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

剣道実年親父さま>

コメント有難うございます。
いい相手に恵まれることを楽しみにしまする。

| 風斗碧 | 2017/03/02 21:02 | URL | >> EDIT

碧先生 あと3日ですかね 
剣先が触れるまでは 相手より先に入ってくださいね
そうすると、審査の先生が 先に攻めてる方をみてしまうとか(笑)
この行動、今も守ってます。
埼玉時代の師匠の数少ない教えなんです。
では吉報を待ってます。

| 剣道実年親父 | 2017/03/02 00:15 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://kazatom.blog.fc2.com/tb.php/714-77b5f5f7

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>