おひさまのかたち

日々つれづれ。剣道・読み語りなど

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

枕席方丈

 この所、介護士さんとか、脳外科医とか言語療養士とか弁護士とか、
今まで実際に会うことの少なかった仕事を間近に見ることが多くて、
その着実さに感動します。
エキスパートってのは、かっこいいなあ。

 そんな中、相変わらず暇見つけてはちまちま文アルやってます。
最近、絶版になっていた独歩最晩年の作『独歩病床録』が、
国立国会図書館のデジタルデータで読める、
ってんでちびっとづつ読み砕いています。
結核に倒れた独歩の口述筆記なので、
書き写した者の癖なのか、噛み砕いている余裕がなかったのか、
結構ぽんぽん難しい単語や古い言い回しが多くて、
現代語に書き直しながら読んでいます。

「何故に神は地に降らざるや
神は自覚なりと思ふ、否呼。
神の道は鳥の路を尋ぬる如く難し。」

「余の前に千里を説くなかれ。
百里十里なお説くなかれ。
余は枕席方丈の吾が世界この他に無し。

とか、いいねえ。
これが36歳の書く文か。その熟成ぶりに感嘆する。


 で、それとは別に今頃『木更津キャッツアイ』を夫婦で見て馬鹿笑いしたりしています。
剣道も読み聞かせも座禅もお休みして、毎日病院へ通って、
もっと毎日不安と疲労と悲壮感が漂う生活になるかと思ったんですが、
まあそれなりに今の生活も楽しいよ。

| 未分類 | 11:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://kazatom.blog.fc2.com/tb.php/724-2642fb47

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>