おひさまのかたち

日々つれづれ。剣道・読み語りなど

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

広島の日

広島の日に。



7月の読書
読んだ本の数:10
読んだページ数:2525

小川未明童話集 (ハルキ文庫)小川未明童話集 (ハルキ文庫)

職場の人のおススメ。とても面白かった。特に良いのは『眠い町』『金の輪』『殿様の茶碗』『時計の無い村』『野ばら』『小さい針の音』全く現代的でSFだった。もっと子どもの手に渡り易い形になればよいのに。

読了日:07月04日 著者:小川 未明

恋を恋する人 (青空文庫POD)恋を恋する人 (青空文庫POD)

歩くリズムでお話が展開する様が面白い。また、花袋のエッセイにも言える事だが、独歩の若い頃の仲のいい仲間たちとわいわいやっている感じがよく現れていて楽しい。
読了日:07月06日 著者:国木田独歩

竹宮恵子傑作シリーズ 『地球へ… 』(サン・コミックス) 竹宮恵子傑作シリーズ 『地球へ…』

昔読んだものの再読。描かれたこの当時に高齢化社会だとか、AIに管理される社会だとか、人類以上の生物との邂逅だとか、何十歩も世界の先を走っていることに驚かされる。そしてこれが全五巻とは。凄い。
読了日:07月06日 著者:竹宮 恵子

編集者国木田独歩の時代 (角川選書)編集者国木田独歩の時代 (角川選書)

これは力作。非常に多面的にものを見て情報を集め、客観的に評価しようと尽力しているところに愛がみえる。没した歴史を掘り起こして記録するのは至難の業で、それをこうした形に昇華したのは素晴らしい。
著名な作家の若き日と、時代の激動がひしひし伝わる良書。
読了日:07月08日 著者:黒岩 比佐子

ポーの一族 ~春の夢~ (フラワーコミックススペシャル)ポーの一族 ~春の夢~ (フラワーコミックススペシャル)

すごい。時間を越えてこんな形で次が紡げるのだ。作者自身がポーの一族なのではないかと思ってしまう。
読了日:07月10日 著者:萩尾 望都

プラネテス全4巻(モーニングKC)プラネテス全4巻 (モーニングKC)
読了日:07月14日 著者:幸村誠

明治文學全集 66 國木田獨歩集明治文學全集 66 國木田獨歩集

大変満喫。私の読んだのは第4版で全文旧字体だった為、貸し出し期限を過ぎてしまったが大変充実した内容。
自然主義派(独歩自身は自然主義と言われるのを嫌がったが)は、作者自身の生活がそのまま作風に現れる。親友・田山花袋や、妻・治子の頁もあり、作品の生成背景がみてとれる。
また、近年の文庫版では何故か省かれてしまっている良作(『馬上の友』『非凡なる凡人』『肘の侮辱』)も収録されており、独歩風に浸れて楽しかった。
次のお給料が入ったら買おう。
読了日:07月23日 著者:国木田 独歩

明治文学全集 82明治文学全集 82

国木田治子の『破産』だけ読了。岡本(国木田独歩)とその周囲の人との関係性がよく分かる。女性ならではの視線でロマンに飛ばず、緻密に生活を書いている所は痛々しいほど切ない。ただし、オチの部分だけまとまりを急に着けてしまったようでボッキリ読後感がないのは残念。
読了日:07月24日 著者:瀬沼 夏葉

日本文学盛衰史 (講談社文庫)日本文学盛衰史 (講談社文庫)

ほぼ600ページが一気読みだった。多重構造で明治の文壇を走破した気がする。
独歩さんが自分の作中の雪の中を、文公の後ろを付いて歩く所など涙が出そうだった。
『こころ』の「K」とは誰か?論考も非常に面白かった。
たぶんきっと読みづらいが、長谷川さんと「あの人」の小説は読んでみたく思った。
読了日:07月29日 著者:高橋 源一郎

よくわかる脳のしくみ (図解雑学)よくわかる脳のしくみ (図解雑学)

最近「脳挫傷」を間近かで見る羽目になったので読んでみた。お母さんのお腹の中で脳が出来る過程で爬虫類的な「ワニの脳」と単純な哺乳類の「ウマの脳」が出来てから「ヒトの脳」が出来ていくというのはとても面白かった。人間ってのは色んなものの複合体で出来ているんだな。
読了日:07月30日 著者:

| 面白かった作品 | 22:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://kazatom.blog.fc2.com/tb.php/735-97d33f32

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>