FC2ブログ

おひさまのかたち

日々つれづれ。剣道・読み語りなど

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

 今年の1番!

 ○あなたの「今年の1番!」なんですか?
 ・あなたを今年元気にしてくれた作品、小説・漫画・ドラマ・音楽・映画・舞台・展覧会、何でもいいです。
 ・初出が今年でなくても、あなたが今年出会って楽しんだものであれば新旧問いません。
 ・楽しんだ状況、理由、お勧めポイント等、簡潔に詳しく教えて頂けると嬉しいです。
 後日、適当にまとめて発表します。ご協力よろしう。

>> EDIT

神無月。

 秋の体調不良祭が続いておりました先月。
今月はもうちょっとアクティヴに動いて行きたいと思いましたりなんだり。
この間凄く久しぶりに友人とお茶する機会を得まして、
それは楽しかったよ。
何か、私の方ばっかし愚痴吐きしてしまった気もするが。

 そんな訳で久しぶりにHPをホンの少しいじりまして、
近代文学読んで描いた漫画みたいなのをまとめる場所を作ってみましたよ。
HP→漫画→数頁近代文学(抄)
ここ暫し独歩さん推しなのでその辺りが増える予定ですが、
相変わらず命日とか誕生日に上げそこなったり色々しておりますので、
流行とか時勢とかからは一切かけ離れておりますことお覚悟の上ですわよ!

9月の読書メーター
読んだ本の数:6

今夜はひとりぼっちかい? 日本文学盛衰史 戦後文学篇『今夜はひとりぼっちかい? 日本文学盛衰史 戦後文学篇』
むちゃくちゃ面白かった。ほぼ一気読み。冒頭に羅列される文豪、半分もわかんなかったよ。でもそこがこの本の肝なのだ。お源さんはよく重治さんの話をするので、帯に出てる「こばやし」は多喜二さんかな、と思ってたけど違った。
これは言葉の相対性理論だと思った。「炎天下の5分は2時間にも感じ、好きな人との2時間は5分のように感じられる」というような。使用する言葉の世代格差による思考格差をぶち抜き、現代につなげる怒涛の力量が素晴らしい。出てくる時代設定はもっと前作よりかと思っていたんですが、一気に現代に続いておりますよ。
読了日:09月04日 著者:高橋 源一郎

幕末明治人物誌 (中公文庫)『幕末明治人物誌』 (中公文庫)
興味があったのでとりあえず頭山満の項だけ。
頭山満は、うちの師匠筋に当たる道場のスポンサーだった人で、今年93になる大先輩が「頭山先生」の話をしていた。
知ってて当然、という調子で人物の羅列が続く為か、知識のない私にはちょっと難しかった。(特に中国・朝鮮史方面)
頭山満については日本最大の右翼と言われ、「怖い人」の印象があったのだが、壮士として活動した前半生と、後半・晩年のパトロン・後援者として活動した印象とはだいぶ違ったように思った。現在の「右翼」と呼ばれるものとまた全然印象が違うものだと思う。
読了日:09月12日 著者:橋川 文三

先史時代 (ビジュアルディクショナリー)『先史時代』 (ビジュアルディクショナリー)
気が付いたら先史時代の図鑑と言うものが殆ど無くて苦労した。時代表現が大きな螺旋状のリボンで描かれ、分かり易かった。このシリーズはどれもなかなかいい。
読了日:09月20日 著者:伊藤 恵夫

地球 (学研の図鑑)『地球』 (学研の図鑑)
先史時代の画像が欲しくて、探していたのだけれど、なかなか無くて苦戦していて見つけた1冊。先カンブリア期のイラスト、いいなあ!
読了日:09月20日 著者:力武 常次,丸山 茂徳

dele (角川文庫)『dele』 (角川文庫)
ドラマ版が良かったので購入。全てドラマには無い事件を取り扱っている。キャラクターの個性が分かり易く対照的で、読後感が優しい。久しぶりの本多作品、楽しかった。2、読書中。
読了日:09月20日 著者:本多 孝好

ゴールデンカムイ 15 (ヤングジャンプコミックス)『ゴールデンカムイ 15』 (ヤングジャンプコミックス)
相変わらずの面白さ。明治のドログロしている世相を描くのが上手だなあ。
今巻主役二人が殆ど出会うことなく話が進むのだが、全く労せずたるみ無く読んでしまった。
読了日:09月20日 著者:野田 サトル

| 読書録 | 11:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>